夏だ!ビールだ!食欲全開!!とりあえずコレ頂戴!祭り

日本全国にはビールにベストマッチの極上の一品が存在する。そこで今回は県民が熱愛するビールに合うおつまみ・ご馳走を大公開。

北海道 ザンギ アスパラの天ぷら

北海道民のとりあえずコレと言えばアスパラの天ぷらとザンギ。ザンギは普通の唐揚げと違う。味付けがそもそも違って、醤油・ニンニク・生姜・みりん・酒に30分位漬け込んでから揚げる。アスパラは北海道・下川町の特産物になっていて、太さ・歯ごたえが凝縮されている。

富山県 シロエビの唐揚げ

富山県民のとりあえずコレと言えばシロエビの唐揚げ。シロエビは富山湾の宝石と呼ばれていて、旨くて上品な味わい。

福島県 円盤餃子

福島県民のとりあえずコレと言えば円盤餃子。福島県は40年前から餃子を推していて、他の餃子と違うのは非常に野菜が多い。また、餃子のタレには一味唐辛子をたっぷり入れる。

茨城県 レンコンの素揚げ

茨城県民のとりあえずコレと言えばレンコンの素揚げ。全国の50%のレンコンが茨城県で生産している。素揚げなので、簡単に出来るので晩酌にぴったりである。塩を付けて食べるのがオススメ。

山梨県 焼きもつ

山梨県民のとりあえずコレと言えば焼きもつ。山梨市の食堂や居酒屋にいると必ずある。そして普通のモツと違うのは馬のモツである。このモツを醤油や味噌にあえて炒める。

静岡県 黒はんぺんフライ

静岡県民のとりあえずコレと言えば黒はんぺんフライ。おでんでは有名な黒はんぺん。それを揚げたもので、醤油、ソース、ケチャップなんでも合う。

大阪府 とん平焼き どて焼き

大阪府民のとりあえずコレと言えばとん平焼きとどて焼き。やはり大阪府と言えばこの2つ。とん平焼きは豚肉を炒めたモノを卵でクレープしたもの。どて焼きは白味噌ベースで味付けされた牛すじは最高である。ビールは勿論、ご飯にも合う。

京都府 万願寺甘とうとじゃこの炊いたん

京都府民のとりあえずコレと言えば万願寺甘とうとじゃこの炊いたん。万願寺唐辛子は京都以外でも生産されているが、京都の中で生産された京野菜に限っては万願寺甘とうと差別化している。ゴマ油で万願寺甘とうを炒めてから、ダシや醤油・みりんで味付けをする。ビールは勿論、冷酒にも合うおつまみ・ご馳走である。

岡山県 ホルモン焼き

岡山県民のとりあえずコレと言えばホルモン焼き。岡山県は牛が有名で、長ネギやニラ等と一緒に甘辛く炒めている。

香川県 骨付鳥

香川県民のとりあえずコレと言えば骨付鳥。鶏もも肉を塩コショウ・ニンニクで下味をつけて、オーブンの中に入れて、その後、熱々の鶏油をジュワ~とぶっかけて食べる。

高知県 大丸

高知県民のとりあえずコレと言えば大丸。これはかまぼこの中にゆで卵が入った食べ物。

島根県

島根県民のとりあえずコレと言えば赤てん。これは魚肉のすり身に赤唐辛子を練り合わせて、パン粉をまぶして揚げたもの。1度焼いてからマヨネーズを付けて食べると美味しい。

大分県 ニッパチの唐揚げ

大分県民のとりあえずコレと言えばニッパチの唐揚げ。唐揚げとはいうが、これは実は素揚げ。何十年も使っている油に鶏もも肉を突っ込んで作る。

沖縄県 衣の厚い天ぷら

沖縄県民のとりあえずコレと言えば衣の厚い天ぷら。紅芋・魚・もずく等、様々なモノを天ぷらにするが、他の都道府県と違うのは衣がカリカリではなくフワフワのフリッターに近い。また、衣に塩味がついていたり、魚のダシが効いていたりして、そのまま食べても美味しい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ